三線の花

三線の花
翻唱:猴紙瓦力
OC:三線の花(詞/曲/唄:BEGIN)

00:00/00:00
いつしか忘れられた オジーの形見の三線
不知不覺間忘了已故伯父留下的三線琴

床の間で誕生祝いの 島酒にもたれて
它就倚靠在壁龕上那用來慶生的島酒邊

ほこりを指でなでて ゆるんだ糸を巻けば
拂去布滿灰塵的琴身,擰緊松馳的琴弦

退屈でたまらなかった 島唄が響いた
單調的小島歌謠啊,又重新回蕩在耳邊

鮮やかによみがえる あなたと過ごした日々は
腦海中浮現出,與你共渡的每一天

やわらかな愛しさで この胸を突き破り 
那柔美的回憶,讓我的心陣陣刺痛

咲いたのは 三線の花
三線琴之花啊,在這一刻綻放

テレビの斜め向かいの あなたが居た場所に
電視機的斜前方,是你曾經坐過的地方

座ればアルミの窓から 夕月が昇る
每當坐在那裡,鋁窗外總有一輪晚月升起

家族を眺めながら 飲む酒はどんな味
一邊凝視著家人,一邊喝著不知何味的酒

眠りにつく前の 唄は誰の唄
入夢前的歌謠,是誰在哼唱?

喜びも悲しみも いつの日か唄えるなら
喜悅也好悲傷也罷,願有一天我能唱出它

この島の土の中 秋に泣き冬に耐え
這小島的土地上,在秋天啜泣、在冬天抗寒、

春に咲く 三線の花
在春天綻放的,三線琴之花

この空もあの海も 何も語りはしない
天空也好大海也罷,都沉默不語

この島に暖かな 風となり雨を呼び
而為小島化為暖風,喚來春雨的

咲いたのは 三線の花
三線琴之花啊,在此刻綻放

秋に泣き冬に耐え 春に咲く 三線の花
在秋天啜泣、在冬天抗寒、在春天綻放的,三線琴之花

WeChatSina WeiboTwitterFacebook